JIS T6114:2015 pdf download

12-07-2020 comment

JIS T6114:2015 pdf free download.The Japanese title is 歯科鋳造用14カラット金合金用プラスメタル.THe English title is “Plus metals for dental casting 14 K gold alloys “.
1 適用範囲 この規格は,JIS T 6113で規定する歯科鋳造用14カラット金合金(以下,金合金という。)を作製するために用いる,歯科用金地金に添加するプラスメタル(以下,プラスメタルという。)について規定する。 注記 平成30年9月30日までJIS T 6114:2011を適用することができる。
2 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 JIS T 0993-1 医療機器の生物学的評価−第1部:リスクマネジメントプロセスにおける評価及び試験 JIS T 6001 歯科用医療機器の生体適合性の評価 JIS T 6002 歯科用金属材料の腐食試験方法 JIS T 6004 歯科用金属材料の試験方法 JIS T 6113 歯科鋳造用14カラット金合金 JIS Z 2241 金属材料引張試験方法 JIS Z 8721 色の表示方法−三属性による表示。
4.5 密度 金合金の密度は,5.2.3によって試験したとき,6.2 b) 5) に記載の値の±5 %以内でなければならない。 4.6 耐食性 金合金の耐食性は,5.2.4によって試験したとき,金合金から溶出するイオンの全量が,7日間当たり200 μg/cm2を超えてはならない。 4.7 変色 金合金の変色は,5.2.5によって試験したとき,変色しないか,又は変色することがあっても,試験片の色相はJIS Z 8721に基づく標準色票の7.5YRで,明度は8以上,かつ,彩度は6以下でなければならない。 4.8 液相点及び固相点 金合金の液相点及び固相点は,5.2.6によって試験したとき,6.2 b) 6) に記載の値の±20 ℃以内でなければならない。
5.2 金合金の場合 5.2.1 試験に用いる金合金 試験に用いる金合金は,製造販売業者が指定する方法によって作製する。 5.2.2 機械的性質 5.2.2.1 試験片 試験片は,製造業者が指定する方法によって鋳造及び熱処理を行ったものを6本用い,直径を2±0.1 mm及び標点距離を20±0.1 mm,若しくは直径を3±0.1 mm及び標点距離を15±0.1 mmとし,試験片の形状は,JIS T 6004の図2(つかみ部円柱状試験片)のa) 又はb) による。 なお,JIS T 6004の図2のつかみ部は直径2 mmでもよい。 5.2.2.2 試験方法 引張試験は,JIS Z 2241に規定する方法又はクロスヘッドスピード(1.5±0.5 mm/min)で,耐力(0.2 %)又は引張強さのいずれか,及び伸びについて行う。試験結果は,6本の試験片のうち,4本以上が表3に適合する場合には,適合する全てのものの平均値で表す。 なお,適合するものが3本以下の場合には,再度試験を行う。その結果,適合するものが3本以下の場合には,不合格とする。 5.2.3 密度 密度は,JIS T 6004の6.4(密度試験)による。

Download infomation Go to download
Note: If you can share this website on your Facebook,Twitter or others,I will share more.
JIS A1202:2020 pdf download JIS Standards

JIS A1202:2020 pdf download

JIS A1202:2020 pdf download.土粒子の密度試験方法。The English title is Test method for density of soil particles. 適用範囲 この規格は,目開き4.75 mmのふるいを通過した土粒子の密度を求める試験方法について規定する。 注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 ISO 17892-3:2015,Geotechnical investigation and testing−Laboratory testing of soil−Part 3: Determination of particle density(MOD) なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”ことを示す。
Download Now
JIS B8850:2020 pdf download JIS Standards

JIS B8850:2020 pdf download

JIS B8850:2020 pdf download.ベルトラッシング.The English title is Web lashings made from man-made fibers. 日本産業規格 JIS B 8850:2020 ベルトラッシング Web lashings made from man-made fibers 序文 この規格は,ベルトラッシングの種類,性能,試験方法などを規定することによって,ベルトラッシングの製造業者及び販売業者による製品の標準化の促進及び品質基準遵守の徹底,並びに使用者による製品の選定及び使用上の安全性の向上を目的として2015年に制定された。その後の適用において判明した規格の改善点に対応するために改正した。 なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。 1 適用範囲 この規格は,道路を走行する車両及び鉄道車両による陸上輸送並びに船舶輸送において,荷を固定するために使用するベルトラッシングについて規定する。 2 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 JIS B 0148 巻上機−用語...
Download Now
JIS C6122-1-0:2020 pdf download JIS Standards

JIS C6122-1-0:2020 pdf download

JIS C6122-1-0:2020 pdf free download.Japanese title is:光増幅器−測定方法−第1-0部:パワーパラメータ及び利得パラメータ . English title:Optical amplifiers-Test methods-Part 1-0: Power and gain parameters. 適用範囲: この規格は,商用化されている光増幅器(OA)及び光増幅器サブシステムの,光パワーパラメータ及び 利得パラメータの測定方法について規定する。ここでいうOAには,光ファイバ増幅器(OFA),半導体光 増幅器(SOA),及び平面導波路形光増幅器(POWA)を含む。OFAには,希土類添加及びラマン効果を 用いたOFAを含む。 正確かつ信頼性のある測定を行うために必要な一定の条件を確立することにある。 </p> この規格で“‡”を付けた全ての数値は,測定を確かなものとするための推奨値である。その他の値を用 いることも可能であるが,その妥当性を確認することが望ましい。 注記1 分布形ラマン増幅器の測定方法に関する規格の適用範囲は,現時点において検討中である。 注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 </p> IEC 61290-1:2014,Optical amplifiers−Test methods−Part 1: Power...
Download Now

LEAVE A REPLY

Anonymous netizen Fill in information